FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

息切れ・・・・

こんばんは

さて、表題の件ですが、何で息切れするかっていうと自転車通勤です。

12月中旬に体調不良になり、そこから2週間は会社へは車で通勤しました。

その後も、「もう年末だし、無理はしないでおこう・・・」という甘い考えで車通勤を継続・・・・

年末年始の休みを挟んで、連休明け後も、寒さやちょっとした天候不順を理由に車通勤を続けているうちに1か月ほど自転車通勤をしない状態が続きました。

「これじゃぁ、マズイ・・・・」という思いから先週半ばから、自転車通勤を再開したのですが・・・・

いやぁ~、途中で息切れします・・・・(笑)

僕の自転車通勤の目的は有酸素運動的な役割を期待するのではなく、持久力の向上も目指しているので、とにかく必死でペダルを回転させます。

そんなわけで、いざ!自転車通勤を再開したものの、持久力がついていかず途中で息切れしてしまって、回転数が一気に落ちてしまうということに・・・・・

今日あたりは、大分、マシになってきましたけど、まだ本調子には程遠いですね。

とにかく、地道に自転車通勤を重ねて、まずは持久力を元のレベルに戻す必要があります。


スポンサーサイト



2020-01-21 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

盆栽用の砂・・・

こんばんは

夕方、二本線赤玉を買いにいきました。

200120-1.jpg

小品用の細粒が1本800円以下と・・・激安でした。

素材用に毎年、大量に赤玉を消費します。前にも書きましたが、アオキブレンドの難点はその価格です・・・・

二本線が1000円以下で入手できれば、コスト面はかなり改善されますので一安心です。

あと・・・・

ダメ元で「松柏用の砂は無いか?」と聞いてみたところ・・・・

200120-2.jpg

↑この砂を見せてくれました。

やや赤みがかった感じは天神川砂を想起させます。

角もあって良い感じの砂です。

未だ篩い分けされていないので、自分で篩う必要はありますが、園主のご厚意で1本、頂きました。

まぁ、僕の場合、最近は昔ほど砂を使用しなくなりましたが、それでもそこそこの量は使用します。

アオキブレンドの松柏用では砂の量が根本的に足りないので自分で追加する必要があったり・・・・

砂に関しては、まだいくつかアテがあるのですが、それでも良い砂が近場で入手できるのは良いことです。


春の植替えに向けての準備も徐々に進めていきます。




2020-01-20 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

実生黒松の経過(20/01/19)

一昨日、UPしたのとは別素材の13年実生黒松の経過です。

200119-2.jpg

培養の経過としては、

1年目:ポット
2~3年目:ザル
4年目~:発泡での箱植え

・・・・で、再びザルに戻して根を作っているような感じです。

ホントは、昨年のうちに枝接ぎして1の枝等を作っておきたかったのですが失敗しました。

とりあえず、今、植えてあるザルがボロボロで限界なので、暖かくなったら鉢に植え替えます。

全然、役枝が無いので、ここから枝接ぎで作っていく必要があるのですが、それらの作業も来年の早春ということになります。

ま、焦っても仕方ないので、じっくり作っていきます。


2020-01-19 : 13年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

実生黒松の経過(20/01/18)

15年実生素材の経過です。

200113-1.jpg

久々にザル培養で育てている素材です。
(ここ数年のパターンは実生2~3年はザル、その後は発泡で管理)

今後の方向性を考えると、ちょっとザルが大きすぎますね・・・・

このままあと1年か2年ザルで培養します。


200113-2.jpg

葉を選りました。

選る部分は上下の葉です。

横方向も選りますが、間隔を開けつつ、なるべく残します。

横方向の葉を残す理由は、その葉から芽が生じるからです。

盆栽の場合は、特に横方向に枝を作っていきますから、役枝の場合、上下に枝が出来る必要はないです。

芽の生じる可能性をかなり高くする方法がありますが、その方法については、また作業してときにUPします。
(忘れたらごめんなさい・・・・)


2020-01-18 : 15年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

実生黒松の経過(20/01/17)

13年実生黒松の経過です。

200117-5.jpg


200117-6.jpg

↑幹幅は10センチほどです。

この素材の難点は、画像ではわかりづらいですが、二の枝の候補となる芽が無いことですね。

一応、正面付近にある芽を向かって右方向に振ってはいますが・・・・

この芽では、ちとキビシイかな・・・・と。

運良く芽が吹いたら良いですが、その可能性も低そうなので、その場合は接ぐしかないですね。

ただ、曲の感じは非常に好きです。

一昨日にUPしや山実生素材も含めて、こういう感じの曲付けの素材を量産できれば良いのですが、現時点では、その確度は、まだまだ低いですね。


ま、数を作って精度を上げていくしかないです!




2020-01-17 : 13年実生 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター