FC2ブログ
日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレ、オオクワブリードのことについて不定期更新で書くブログです。

暑い中でも・・・

こんにちは

連日、暑いですね。

さて、そんな中でも・・・

180719-1.jpg

春に挿した小田原性の挿し芽素材から新芽が展開してきました。

成功本数は相変わらず非常に少ないですが、それでも今年は5本前後は成功したのでしょうか?

ま、そもそも何本、挿したんだ?って話ですが・・・(笑)

余り多く成功しても、管理本数には限界がありますから(←単なる言い訳です 笑)、5本もあれば十分です。

まずは元気に成長していってほしいものです。

スポンサーサイト
2018-07-19 : 小田原性全般 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(18/06/20)

こんばんは

今日は夏至だそうですね。

さて、カエデの挿し木素材について作業をしました。

180620-3.jpg

↑作業前

180620-4.jpg

↑作業後

作業前の画像の撮影前に伸ばしている芯を少し切り詰めました。

もう芯を伸ばす必要はないと思うので、樹の負担を考慮しつつ、段階的に切り詰めていきたいと思います。

その他の作業としては

・伸びている枝を輪郭部まで切り詰める

・可能であれば太い枝を細い枝に切り替える

・葉選り

ここからは小枝の充実を図っていく作業が中心になります。


2018-06-21 : 小田原性09年挿し芽素材 : コメント : 0 :
Pagetop

同じ性でも・・・

こんにちは

雨も明け方には上がりまして、今日は気温も高くなく絶好の盆栽作業日和な感じです。

で、そんな中、朝イチから電車に乗って街中に繰り出してアジの南蛮漬けを買ってきました。

僕は南蛮漬けが好きなのですが、京都・錦市場の中にある魚屋さんの南蛮漬けが結構、美味しいので時々、買っています。

ま、それはさておき・・・・

帰宅してからは盆栽の手入れです。

カエデ、クチナシ、チリメンなど・・・・

あと、肥料も追加したり・・・・・


さて、その中のカエデですが・・・

180519-1.jpg

↑作業前

このカエデも前エントリと同じく、いわゆる小田原性のカエデですが、同じ小田原性でもコチラの方が前エントリのモノより、より葉性が良いように思えます。

現時点での枝の解れ具合は前エントリのカエデの方が細かいですが、将来的にはコチラの方が良くなるのかな?


180519-2.jpg

↑作業後

とりあえず、葉を選りました。

2018-05-19 : 小田原性全般 : コメント : 0 :
Pagetop

適期は?

こんにちは

今週もカエデの手入れが中心です。

180515-1.jpg

ホントは、日曜日に手入れする予定でしたが、雨が降り葉が濡れてしまったので、月曜から手入れスタートです。

作業としては葉選りと輪郭を整えることが中心です。


180515-2.jpg

↑作業前

画面中央やや左上あたりの芽が2つに分かれています。

枝先ですので、このままだと樹勢が集中して枝先がゴツくなってしまいますので、1芽に処理します。

この作業は、そもそも「昨秋の段階で行っておくのが良いのでは?」と思うところもありますが、まぁ、葉が展開してからの方が確実ですし、そのあたりは余り深く考えてはいません。

あと・・・

枝先がゴツくなる・・・と書きましたが、そもそもこのカエデの性質からして、そう簡単には枝先はゴツくなりません。ただ、放置しておくのは良くないですし、繊細な枝の解れを作っていくためには必要な作業・・・・、特に普通の性のカエデでは必要な作業となってくると思います。


180515-3.jpg

↑作業後

芽を1芽に処理しました。


一方、

180515-4.jpg

こちらの画像の箇所では、懐から芽が3つ並んでいます。

ケヤキのように完全な互生とはいかないですが、本来、対性に葉が展開するカエデであるにも関わらず、互生的に葉が展開していくのは、過年度の1芽処理の賜物ですし、懐に近いところにもしっかり葉が展開するのは、これまた過年度にしっかりと葉選りをしているおかげであると思います。

まだこの段階では、芽先を切り詰める必要もないかもしれませんが、まぁ、懐に更に2つも葉が展開しているので、今回は外周部の芽を切り詰めることにしました。

180515-5.jpg

↑作業後


長くなってので、ここで本エントリは終わりです
2018-05-15 : 小田原性全般 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(18/04/23)

こんばんは

カエデの挿し木素材の手入れ・・・というほど大層なものではないですが、少し剪定を行いました。

画像上段が作業前、下段が作業後です。

180423-1.jpg


180423-2.jpg


180423-3.jpg


作業の狙いとしては、今後、立替えを行っていくにあたって、立て替えたい芽に樹勢を集めるべく、その他の不要な芽をできる限り処理しました。

ただ、まだ植え替えて間もなく、根が十分に張っていませんので、上部を切り詰めるには時期尚早なので、上部にも少し葉は残してあります。

画像3枚目の素材は、昨年、少し曲付けしました。

なんかビミョ~ですよね。

曲付けするなら、もっと強く曲を付けておけば良いのに中途半端です。

ま、この素材もここからは立て替えて作っていく予定です。




2018-04-23 : 小田原性15年挿し芽素材 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター