FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

経過(20/03/14)

14年実生素材の経過です。

作業は昨日にしましたので、雨のため途中の画像等は撮影していませんので作業終了後の姿だけです。


200314-1.jpg


200314-2.jpg


とりあえず、根をかなり切り詰めました。

現状、ごく少数の根で維持しているという感じですかね?

そんなわけで、水切れリスクを避けるために、この段階では、赤玉土の割合を増やしてあります。

8割くらいかな?

水切れリスクを嫌う割には、なぜ?ザルで管理するのか?いうところですが・・・・

実は、ザルって、そんなにめちゃめちゃ水が流れていくわけでないです。ま、鉢に比べれば、もちろん流れやすいです。

これはザル管理の効用を狙ってのことです。

ザル管理の効用については、以前、何処かで書いたような気がしますので省略します(今日は時間が余りないので・・・)。


それはさておき、植え替えたタイミングで寒くなったのは少し助かりました。

根を大きく切っているので、気温が上がると用土の乾きはもとより、葉からの水分の蒸散もUPしてしまうので枯れ死リスクが高まります。



スポンサーサイト



2020-03-15 : 小田原性14年挿し芽素材 : コメント : 0 :
Pagetop

再度、矯正・・・

こんにちは

191021-1.jpg

↑先週、針金を外した挿し木素材

191021-2.jpg

↑再度、針金で矯正しておきました。

落葉時期も近づいてきましたが、まだ少しは成長するのでしょうか?

まだ成長余力が残っているようなら、再度、外して矯正しなおす必要がありますね~。

2019-10-21 : 小田原性全般 : コメント : 0 :
Pagetop

軽く曲付け・・・

190923-1.jpg

石付きに挑戦しているカエデの挿し木素材です。

伸ばしている枝を少し針金で下に下げました。

半懸崖っぽく作っていきたいと思っています。



2019-09-23 : 小田原性全般 : コメント : 0 :
Pagetop

懸崖2

こんにちは

190809-1.jpg

↑こちら15年の挿し木素材で作ろうと思っている懸崖樹形候補の素材です。

まだ細いですし、頭を飛ばしているので、ここからの太りも遅いと思います。

頭は、秋頃に更に詰めておきたいと思っています。

足元から軽い曲がありますが、これも幹が太ってくれば消えてしまうレベルです。

コチラは12年の素材よりは、やや小さめで作ろうと思ってます。





2019-08-09 : 小田原性15年挿し芽素材 : コメント : 0 :
Pagetop

懸崖

こんばんは

190806-1.jpg

↑懸崖樹形で作ってみようかな?と思っている素材です。

何分、懸崖樹形をイチから作ったことが無いので手探り状態で作業しています。

とりあえず、1本、芯を下方向に伸ばしていました。

途中の芽を葉選りすることで、芽が伸びてきましたので、それを軽く整枝しました。

下方向に伸ばしていた芯は既に止めてあります。

小枝が充実してくれば一気に太ってきそうな感じがするので、割と細い段階で止めておくのが良いのでは?と思っています。

この素材は12年の挿し木素材ですが、調子に乗って、15年の挿し木素材も1本、懸崖樹形で作ってみよう!と思い作業を開始しました。

懸崖樹形は好きな樹形です。



2019-08-06 : 小田原性12年挿し芽素材 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター