FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

芽接ぎの経過?

こんにちは

2月中旬に作業した芽接ぎの経過ですが・・・

200522-1.jpg

200522-2.jpg

今のところは、芽が伸びてきて問題なさそうに見えます。

ただ、まだ成功した・・・・という確証はないです。果たして上手く活着してくれますかね~。


スポンサーサイト



2020-05-22 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

古すぎる?

200521-1.jpg

本年度の実生なのですが、3種類の種を蒔いて、2種類は順調に発芽しているのですが、1種類はほとんど発芽していません。

3種の種とも、昨秋に採取したものではなく、それ以前に採取した種なのですが、特にほぼ発芽していない種は10年以上も前に採取した種で、さすがに古すぎるのかな?という感じです。

もっとも、20年以上前に採取した種でも普通に発芽した・・・・なんて話は聞きますので、このあたりは種の管理方法なんかも影響しているのかもしれません。

ま、とりあえず、2種は無事に発芽したので、この苗を使って、今年の実生を楽しみたいと思っています。


2020-05-20 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

成功率をUPするには?

こんばんは

200225-1.jpg

2月中旬の週末を利用して、黒松の枝接ぎ作業を行いました。

この枝接ぎ作業、現状、成功率は余り高くないです。

失敗率が高い原因の1つに、そもそも僕自身の作業がいい加減である・・・・という点が一番大きいのでしょうが、それ以外にも接ぐ時期なんかも成功率UPには必要なような気がします。

例年、2月末に接ぐ作業をしていました。

ただ、今年は松の活動が活発になると切断面等から松脂が出ることから、その影響を少なくしようと思って「少し早めにしよう!」と思い、2月中旬に作業したのは良いのですが・・・・

いかんせん、今年は暖冬で、そもそも樹の活動が早まっています・・・・

ちょっとこの点は失敗したかなぁ~という思いです。例年との比較の意味を持たせるなら、せめて2月初旬に作業すれば良かったと思います。

ま、まだ今年の作業が失敗した・・・と結論づけられるわけではないですから、その点では何とも言えないところですが、昨日、緑樹会さんの接ぎの作業時期に少し話を聞いたのですが、この冬は11月に作業したもののあるそうです。

そんなわけで、次の冬は僕も、作業の時期を分散させて、色々、試行錯誤してみようと思います。

あとは・・・・

作業を丁寧にすること!

これに尽きますね。
2020-02-24 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

比較

こんにちは

少し棚の整理をしつつ、春に植替えする黒松の様子などを観察していました。

よく太っている素材もあれば、イマイチ太りが遅い素材もあるのですが・・・・

ふと、「そう言えば、師匠が鉢上げした時の幹の太さは・・・・・?」と思い、過去に撮った画像を振り返ってみることにしました。


117_5164 (480x360)

117_5163 (480x360)

↑上記は茅ヶ崎の師匠のお宅にいったときに画像を撮影させてもらったものですが。

幹径で9センチくらいですかね・・・・

それと比べて、

200117-6.jpg

僕が先日、UPした黒松の方は、10センチくらいです。

1センチくらいな誤差の範囲を言えなくもないですが、やはり早い段階から余り太らせすぎると将来的に鉢に収まらなくなりますから、太らせ過ぎはよくないように思えます。

しかも、師匠の作っていたのは20センチクラスの素材ばかりですので、今後の小品業界の動向を鑑みると、更に太さを抑制していく方向にもっていった方が良いのかなぁ~と思います。

ま、既に太らせてしまっている素材は仕方ないとして、今、太らせている素材、そしてこれから太らせにいく段階の素材については、太らせ過ぎないように注意していく必要がありそうです。


あと・・・・

どうでも良いことですが、100均で買ったスケール・・・・

かなり色が褪せてますね(笑)

そろそろ買い替えた方が良さそうです。


2020-01-25 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

かなり遅れ気味です・・・・

こんばんは

先の週末に黒松の手入れを何本かしました。

191211-1.jpg

↑作業前

191211-2.jpg

↑作業後

作業内容は、葉透かしです。

葉を透かすことで懐に日がよくあたるようになり、懐に芽吹きが期待できます。あと、葉を透かすということは、葉の量が減り、それはつまり光合成するのに必要な葉量が足りなくなる・・・・ということです。

そういった側面からも樹は生命維持のために新たな芽を吹かすことで葉量を増やす・・・・ということです。

このへんは雑木の葉刈りも同じ原理ですね。


さて、作業をしたものの、ホントは11月中には終えておきたい作業です。かなり遅れ気味です・・・・・

・・・・って、毎年、同じことを言ってるような気がします。

ちなみに、まだ何本か残ってるんですよね。

急ぎ作業する必要がありますね。

2019-12-11 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター