FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

経過(19/04/13)

17年実生の経過です

この春から実生3年目に入ります。

1年目は黒ポットで、2年目はザルで培養してました。

190413-3.jpg

190413-5.jpg



190413-7.jpg

↑太い根を処理しました。

小品黒松で根張りを強調し過ぎると、本鉢に収まらなくなりますから、最初の段階では根張りを抑制するくらいの根処理で良いのだと思います。


190413-8.jpg

↑もう1年、ザルで培養します。目的は主に曲付けの修正です。

あとは、来春で箱植えを考える段階で選別します。




スポンサーサイト
2019-04-14 : 17年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(19/04/06更新)

(19/04/06)

190406-1.jpg

種を蒔きました。去年は4/5に発芽を確認していますから、今年は更に遅いですね。

2019-04-06 : 19年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(19/03/25)

こんばんは

少し時間があったので、16年実生素材をザルから箱に移しました。

190330-1.jpg

箱で3年ほど、肥培して一気に太らせます。

ちなみに、移行するときに、かなり根を切り詰めますので、一時的にかなり樹勢が落ちます。

気温が高いと、先の芽が垂れてしまいます。

ただ、今日は今、雨ですし、ここ2~3日は雨が続きそうなので、この根を切り詰めた素材には良い感じです。

ま、春の雨は一般的に植え替えたばかりの盆栽にとっては良いです。もちろん、雨の影響で気温が下がりすぎなければ・・・・ですが。


2019-03-30 : 16年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(19/03/24)

14年実生素材の経過です。

190324-4.jpg

本来なら、あと1~2年は箱で太らせても良いのですが・・・

190324-5.jpg

曲が小さいので、ザルに上げました。

曲が小さいのに加え、曲の感じも微妙ですが、ここからなんとかして作っていきたいと思います。


190324-7.jpg

先週、今週で画像に移ってない1本を加えて、計10本、箱からザルに上げました。

まだ、7~8本あるんですよね~。

この7~8本をどうするか?で悩み中です。

悩む理由は、幹そのものが太りすぎていたり、上根が太すぎたり・・・・・・

まぁ、小品盆栽として不適格な感じなんです。

とりあえず、芯は止めてあるので、このままの状態でスルーしても、もうそれほど太りませんから、この春に結論を出す必要もなく、ちょっとゆっくり考えようと思います。


次は、実生2~3年の若いザル植え素材を今度は箱に植えていきます。

2019-03-27 : 14年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(19/03/24)

こんにちは

山実生素材、前回とは別素材ですが稲沢の親分に貰った苗という点では同じです。

190324-2.jpg


190324-3.jpg

前回のと比べると、大分、細いですね。

立ち上がりが、やや真っ直ぐっぽい感じです。そこから右に振れているのが救いでしょうか?

次に左に振っていくわけですが、これに関しては、今、画像中央に見えている芽よりも更に右側あたりから左に振っていくと大きな曲になりそうです。



2019-03-26 : 18年実生 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター