日々のど~でもいいことを中心に盆栽やダイエットのことについて不定期更新で書くブログです。

大吾朗さんのケヤキ⑦

こんばんは。


大吾朗さんから預かっているケヤキの葉が紅葉してきたので、葉を落としました。


IMG_1248 (480x360)


う~ん・・・、去年と比べて余り変化なさそうです。



IMG_1249 (480x360)


↑樹高は10センチ少々


太枝が左右に開いている感じなので、このあたりは去年同様、矯正したいところです。


スポンサーサイト
2012-10-29 : 大吾朗さんのケヤキ : コメント : 0 :
Pagetop

10/28

こんばんは。


久々に雨がよく降った1日でした。



さて、

今日は午前中、盆栽園に行ってました。


秋雅展の出展料を支払いに行ったのですが、その際、申込書への記入も行いました。


2年前同様、今回も床飾りでの応募です。



さてさて、

申込書には「どの樹が主木か?」を明示するように注意書きがありました。


この点、7点飾りの場合は、主木が明確に判断できますが、床飾りの場合はどうでしょう?


3点・・・・、現実的には1つは山野草等を配置するので、2本の樹のいずれかが主であるわけです。


通常は、サイズの違い等いろいろと考慮要素はあるものの、展示を見る多くの方が一見して「どちらが主か?」を判断できることが多いです。




続きを読む

2012-10-28 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

フルBON

こんばんは。


今日は、朝イチで所要があったのですが、その用を済ませたあと、知多半島方面へと向かいました。


知多行きの目的は、フルBONです。


IMG_1239 (480x360)


フルーツBONSAI展・・・略して「フルBON」


「フルBON]という言葉だけ聞くと、一体、どんな盆栽を展示するのか?理解できない人もいます。


ま、このあたりはPB盆栽も同じですよね~。



さて、

会場に到着すると・・・・


なんと!雲龍くんがいるではありませんかっ!




先月の神奈川遠征では都合がつかずに会えなかったのですが、思わぬ場所で再会です。



さて、

主催の緑樹会には、壱興さん、みさきさん以外にも旧知の方がおられるので少し歓談をしたり、


IMG_1237 (480x360)

↑会場の名古屋ハウジングセンターのモデルハウスを見学したりしました。


そして、夜は壱興さん、みさきさんと食事をしてから京都に帰ってきました。



緑樹会の皆さん、今日はありがとうございました。

2012-10-27 : 展示会へGO! : コメント : 0 :
Pagetop

10/25

今夜は久々にイタリアンを食べに行きました。


ボトルワインを注文するか・・・、それともデキャンタで注文するか・・・・


かなり迷いました。


ここ数年、飲酒量がどんどん減っているので、昔のように飲むことができません。


で、


結局、ボトルで注文したのですが、まぁ、なんとか空けることができて良かったです。


1025-2 (320x240)


1025-1 (240x320)


1025-3 (240x320)
2012-10-26 : こんなの食べました : コメント : 0 :
Pagetop

12年挿し芽素材の作業(12/10/22)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-23 : クチナシ12年挿し芽素材 :
Pagetop

12年挿し芽素材の経過(12/10/14)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-22 : クチナシ12年挿し芽素材 :
Pagetop

植替えの小道具

こんばんは。



今日は河内の親父さんに植替えの小道具をプレゼントしていただきました。



IMG_1202 (480x360)

↑植替え時に新しい用土を漉き込む時に使用する箸です。


食事に使用するわけではないので、2本揃いではなく1本です。


材は左から「カーリーメープル」「クワ」「紫檀」「黒柿」。



4本も必要なのか?



・・・という問いかけもありそうですが、ま、そこは色々とその時の気分に応じて使い分けるのですよ。


ただ、

後で、カーリーメープル材の箸に関しては、えいたりょうさんにプレゼントしました。




それと・・・

IMG_1203 (480x360)


もう1つ、コチラは根捌き用の箸です。


IMG_1204 (480x360)


先ほどの漉き込み用の箸と異なり、先端が細くなっています。


これで丁寧に丁寧に植替え時に根を捌いていきます・・・と言いたいところですが・・・・


河内の親父さん曰く、この値裁き用の箸は相方さんへのプレゼントってことだそうで。


ま、そんな無視して僕も使わしてもらいますけどね。



実際に使用するのは、まだ半年ほど先の話ですが・・・、河内の親父さん、ありがとうございました。
2012-10-21 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop

山実生に対する考え

IMG_1169 (480x360)

↑昨年、採取した山実生苗


IMG_1170 (480x360)

↑足元の拡大図



一方、

IMG_1172 (480x360)

↑本年度の自家実生苗



少々、太さの違いはありますが、そんなに大きく違うものではありません・・・・


ただ、肌の古さ具合は、大きく違います。



ここだけ考えると、山実生優位な感じです。



さて、

盆栽界には山実生優位論みたいなのがあります。



つまり、総合的に山実生は自家実生より優れた性を有しているというものです。



でも、僕は、この山実生優位論に対しては否定的です。


確かに、肌の荒れ具合では自家実生は山実生(山採り)には適わないと思います。


同じ太さで比べた場合、根本的に年数が違いますから・・・



しかし、


芽吹きや葉性というその他の点では、山実生か自家実生かという理由で違いが生じるのではなく、違いが生じる原因は、その親樹の性の良し悪しに起因すると思っています。


そんなわけで、自家実生でも、良い性の種であれば、十分に肌は荒れるし、芽持ちもよく葉性も良い・・・・と思ってます。



ま、こんなことを山実生優位論者の方に言うと、激しく全否定されてしまうので言いませんし、更に、その場だけは僕も山実生優位論者の方に同調するフリをしちゃいますけどね(笑)



ちなみに、


IMG_1140 (480x360)


↑師匠の自家実生素材です。


実生12~13年ほどで、かなり荒れていると思いませんか?


IMG_1162 (480x360)


↑こっちは僕の自家実生素材5年生


上記画像の師匠の素材に比べれば、肌の荒れ具合はまだまだ及びません。ま、経過年数が根本的に違いますからね。


でも、同じ5年生の素材の中では、明らかに幹肌の荒れ具合が良いのです。





さてさて、

そんな山実生優位論に対して否定的な僕なんですが・・・・


では、なぜ?山実生苗を育てるのか?


・・・というと、まぁ、そこは、やっぱり自分で実際に育ててみないと違いがわからないからってことです。



そんなわけで、今回・・・っていうか、昨年ですが・・・・、いくつかの地点で山実生苗を採取しました。



とりあえず山実生苗を自分で実際に育ててみないことには、山実生優位論が果たして正しいのか否か?について、自分の中で結論付けることはできないですからね。



ただね・・・

既に、「コレは全~然ダメ!」ってことで処分した苗もあるんですよね。


そういう意味では、性の良い種を自家実生するだけでもステキな小品黒松盆栽を作ることができるという思いは強くなってます。




あっ、そうそう、


1つ付け加えておくと、仮に自分の中で「山実生と自家実生の間に優劣は無い」という結論に達しても僕自身は別に山実生優位論者の方を否定するつもりはないですし、バトルするつもりもありません。


あくまで自分の考えを裏付けるために両者を育てて、それに対して納得する自分なりの回答を得ることができればそれで十分です。



あと・・・


仮に結論として山実生優位となった場合はどうしましょう?


その場合は、「昔は山実生苗をいっぱい採取できて良かったね~」って感じで諦めるしかないでしょうね~。





ま、とりあえず、昨年採取した山実生苗も来年から肥培に入りたいと思います。

2012-10-20 : 山実生 : コメント : 2 :
Pagetop

再び神奈川へ

こんばんは。


先週に続き、今週も神奈川に行ってました。


今回は趣味の関係ではなく仕事の関係で場所は横浜です。



ただ、忙しいのは夜だけなので、日中は、ブラブラしてました。


中華街


↑中華街にも久々に行きました。


中華を食べにきたのではなく、道具屋さんで趣味の方で使えそうな小道具を色々と購入しました。



そうそう、

今回、宿泊したホテルは1階にタイ料理の店があります。


そんなわけで、ホテルの朝食はこのタイ料理の店で食べることができるのです。


一応、和洋を中心としたバイキングスタイルの食事になるのですが、そこはタイ料理の店ということもあって、2~3品ほどですが、タイ料理もあります。


ひき肉を使ったタイ料理を食べつつ、味噌汁を飲み、切り干し大根を食べる・・・・・


なんか変な感じの朝食でしたが、味噌汁との相性はなかなかのものでした。



船


昨日の夜は、船にのってました。


画像は、丁度、ベイブリッジの下を通過したところです。
(写ってるカップルは見ず知らずの人です)


僕としてはそんなに夜景とかを楽しむようなタイプではないのですが、デッキの上は気持ちよかったです。


これでも、一応、仕事の一環なのですよね~。


初日も打ち合わせと称して、参加企業の若手を中心とした単なる飲み会でしたし・・・・


横浜まで、一体、何をしにいったのか?」というのが正直なところです。



ま、たまにはこういうのも良いでしょう。



2012-10-17 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

10/14

こんばんは。


今日は朝から盆栽園に行ってました。


ここ最近、週末は遠出することが多かったので、久々な感じ・・・・でもないか?


2週ほど盆栽園に行かなかっただけですから・・・・


ま、それはさておき、


IMG_1180 (360x480)


↑手元に第20回秋雅展のチケットが10枚あります。


「欲しい!」という方がおられましたら、コメント欄(僕が住所&氏名を知っている方)orメールフォーム欄より申し出てください。


お一人最大10枚までOKですが、複数の希望者がいらっしゃる場合は、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。


ちなみに、

今回は20回記念ということでもありますので、僕も関西より出展させていただきます。ま、僕は見にはいきませんけど・・・・




さてさて、


続きを読む

2012-10-14 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

実生1年目の経過(12/10/11)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-13 : キンズ12年実生 :
Pagetop

実生1年目の経過(12/10/11)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-13 : 12年実生 :
Pagetop

挿し芽1年目の経過(12/10/11)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-13 : 小田原性12年挿し芽素材 :
Pagetop

瑞宝の経過(12/10/12)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-13 : 瑞宝 :
Pagetop

挿し芽4年目の経過(12/10/10)と雑記

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-12 : 小田原性09年挿し芽素材 :
Pagetop

「か」行の中の熾烈?な争い・・・・

こんばんは。


FC2ブログ・・・・


初めて利用するわけではないのですが、ちょっと手間取ってます。


なんでだろ?





ま、それはさておき、


ブログを移行してカテゴリ欄について、特に盆栽系エントリについては4つの樹種を中心に書いていくような構成にしていきたいのですが・・・


その4つの樹種のカテゴリー内での順位付けをどうするか?と考えたとき、



単純に、50音順でいってみよう!と思ったわけです。



ところが・・・・


カエデは「か」、キンズは「き」、クチナシは「く」そして黒松は「く」ってことで4樹種全てがか行なわけでして・・・・



しかも、僕の中で一番重要度の高い黒松は、「く」であるにも関わらず、他の3樹種に劣後する・・・・というわけですよ。



まぁ、50音順なんて止めて、好きな樹種順にすれば問題はサクっと解決するわけなんですけどね~。



とりあえず、当初の予定通り50音順に並べることにしました。




2012-10-11 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

実生5年目(12/10/11)の経過、そして雑感

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012-10-11 : 08年以前 :
Pagetop

エントリ中の略語について

特に盆栽系のエントリの中で使用する略語についての補足です。



自家製肥料A:菜種粕+黄粉主体の肥料に魚粉(さば・いわし)を加えた肥料


自家製肥料B:菜種粕+黄粉主体の肥料にカニ殻を加えた肥料


自家製肥料C:自家製肥料Bに牛骨粉を加えた花モノ・実モノ用に特化した肥料



BG:皆さん、よくご存知のバイオゴールド



プロハイポ:プロフェッショナルハイポネックス




随時、追記していきます。
2012-10-11 : その他いろいろ : コメント : 0 :
Pagetop

当ブログに初めてこられた方へ

・移行前のブログ「ポリエステル100%」については、コチラ


・認証制エントリに関するお知らせはコチラ


・ブログの方針及び自己紹介についてはコチラ


その他、不明な点はメールフォームより質問していただくか、何処か適当なエントリのコメント欄にて質問してください。

2012-10-10 : 当ブログへ初めてお越しの方へ : コメント : 0 :
Pagetop

認証制エントリについて

当ブログでは、特に盆栽系のエントリについて、頻繁にパスワードが必要なエントリを書きます。


主に黒松、キンズ、カエデ、クチナシについて、素材を作っていく過程をUPしていますが、実験的要素を多分に含んだ内容が多いこともあって認証制にしています。

もちろん、上記4樹種の素材作りの過程以外でも僕が必要と認めたエントリに関しては、適宜、パスワードを要求するエントリにします。

認証制エントリに興味のある方はメールフォームより申請してください(氏名、メアドは必須です)。

基本的に申請していただいた方には漏れなくパスワードを交付させていただいています。リスクは申請者の氏名&メアドを僕に知られることです。

ネット上では匿名で活動したい方も多いかと思います。そういう方は諦めてください。別にそれほど大した内容を書いていませんし、僕のエントリを読まなくても人生には全く影響はないはずです。

なお、1週間経過しても当方からのレスがない場合は、申請を見落としている可能性が高いですので、申し訳ありませんが、再度、申請していただきますようお願いします。


あと、ブロ友申請は受け付けていません。申請は基本的に全てスルーしますことを予めここに書かせていただきます。



以上、宜しくお願いします。
2012-10-10 : その他いろいろ : コメント : 0 :
Pagetop

当ブログの方針&自己紹介(適宜、改訂あり)

ブログ名「ポリエステル100% ver4.0」


2005年11月からブログを書いています。楽天、ライブドアそして忍者ブログを経て、現在はFC2でブログを書いています。


基本的には何でもアリのブログですが、僕のメイン趣味が「小品盆栽」ということもあって、必然的に小品盆栽に関するエントリが多くなると思います。


管理人mindfluid (他ブログでコメントするときは mind や min の省略形HNを用いることが多いです)


HNは Masters at workのプロジェクトNuyorican soulの曲「mindfluid」という曲がとても好きなので、その曲名をHNにしています。


趣味:小品盆栽、オオクワガタのブリード、筋トレを中心としたダイエット、メダカ




<小品盆栽>


(公社)全日本小品盆栽協会 及び (一社)日本盆栽協会 に所属
 

盆栽に対する現在のスタンスは雅風展をメインとして年に数回、その他の展示会にも出展しつつ、持込による樹格UPを目指して日々の管理に励んでいるという感じです。あと、将来的に小品盆栽の素材作りの道へと進んでいきたいと考えています。


当ブログでは、カエデ、キンズ、クチナシそして黒松の4樹種について実生や挿し芽から本格小品盆栽を作っていく過程を中心にUPしていきたいと考えています。


<ダイエット>

2015年3月に本格的なダイエットを開始し、同年6月に減量終了。その後は、リバウンドしないために継続的にジムでの運動をし続けていますが、根本的に体を動かすことが好きなのでしょうか?

その後もずっと週4~5回くらいジムに通って運動しています。もう今では立派に趣味の1つと言えます。

ちなみに、今後、目指すべき方向としては体格的に細マッチョは無理です(笑)。一方、ゴリゴリのマッチョも目指したくありません・・・・

目指すところは、ややガッチリした逆三角体型です。


<メダカ>


関西メダカ倶楽部所属


メダカについては、楊貴妃、琥珀系を中心に現在10種ほどを累代飼育しています。



<オオクワガタ>

久留米系統で大型個体の作出を目指しています




相互リンクについて・・・

当ブログへのリンク申請については、基本的に一度、リアルにお会いしたことがある方で、且つ、食事等をしたことがある方に限らせていただきます。



なお、

旧ポリエステル100%はコチラです。


以上、宜しくお願いします。
2012-10-10 : その他いろいろ : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター