FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

山実生に対する考え

IMG_1169 (480x360)

↑昨年、採取した山実生苗


IMG_1170 (480x360)

↑足元の拡大図



一方、

IMG_1172 (480x360)

↑本年度の自家実生苗



少々、太さの違いはありますが、そんなに大きく違うものではありません・・・・


ただ、肌の古さ具合は、大きく違います。



ここだけ考えると、山実生優位な感じです。



さて、

盆栽界には山実生優位論みたいなのがあります。



つまり、総合的に山実生は自家実生より優れた性を有しているというものです。



でも、僕は、この山実生優位論に対しては否定的です。


確かに、肌の荒れ具合では自家実生は山実生(山採り)には適わないと思います。


同じ太さで比べた場合、根本的に年数が違いますから・・・



しかし、


芽吹きや葉性というその他の点では、山実生か自家実生かという理由で違いが生じるのではなく、違いが生じる原因は、その親樹の性の良し悪しに起因すると思っています。


そんなわけで、自家実生でも、良い性の種であれば、十分に肌は荒れるし、芽持ちもよく葉性も良い・・・・と思ってます。



ま、こんなことを山実生優位論者の方に言うと、激しく全否定されてしまうので言いませんし、更に、その場だけは僕も山実生優位論者の方に同調するフリをしちゃいますけどね(笑)



ちなみに、


IMG_1140 (480x360)


↑師匠の自家実生素材です。


実生12~13年ほどで、かなり荒れていると思いませんか?


IMG_1162 (480x360)


↑こっちは僕の自家実生素材5年生


上記画像の師匠の素材に比べれば、肌の荒れ具合はまだまだ及びません。ま、経過年数が根本的に違いますからね。


でも、同じ5年生の素材の中では、明らかに幹肌の荒れ具合が良いのです。





さてさて、

そんな山実生優位論に対して否定的な僕なんですが・・・・


では、なぜ?山実生苗を育てるのか?


・・・というと、まぁ、そこは、やっぱり自分で実際に育ててみないと違いがわからないからってことです。



そんなわけで、今回・・・っていうか、昨年ですが・・・・、いくつかの地点で山実生苗を採取しました。



とりあえず山実生苗を自分で実際に育ててみないことには、山実生優位論が果たして正しいのか否か?について、自分の中で結論付けることはできないですからね。



ただね・・・

既に、「コレは全~然ダメ!」ってことで処分した苗もあるんですよね。


そういう意味では、性の良い種を自家実生するだけでもステキな小品黒松盆栽を作ることができるという思いは強くなってます。




あっ、そうそう、


1つ付け加えておくと、仮に自分の中で「山実生と自家実生の間に優劣は無い」という結論に達しても僕自身は別に山実生優位論者の方を否定するつもりはないですし、バトルするつもりもありません。


あくまで自分の考えを裏付けるために両者を育てて、それに対して納得する自分なりの回答を得ることができればそれで十分です。



あと・・・


仮に結論として山実生優位となった場合はどうしましょう?


その場合は、「昔は山実生苗をいっぱい採取できて良かったね~」って感じで諦めるしかないでしょうね~。





ま、とりあえず、昨年採取した山実生苗も来年から肥培に入りたいと思います。

スポンサーサイト



2012-10-20 : 山実生 : コメント : 2 :
Pagetop
ホーム

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター