日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

植替え前後④

こんばんは。


昨日から黒松の植替えを開始しています。


IMG_1523 (480x360)


植替え後(壱興 白泥丸)



植替え前の画像は忘れました。


ちなみに、植替え前は、植替え後の撮影時に土台にしている丸鉢(これも壱興さんの鉢)に植えていました。ま、これは、今回の白泥の鉢が手元にやってくるまでの仮鉢でした。



さて、この黒松・・・・


移行前のブログでも書きましたが、枝が荒いので衣替えを行ったわけですが・・・・


衣替え後も、まだまだ荒い感じです。


本体の樹勢が強すぎるんですかね?


あと、画像で見ると、立ち上がりが真っ直ぐなのが気になります。



それでも、今回、小さい鉢に植えることができたので、いよいよ来年からはメダカの展示会の添えとしてデビューさせることができるんじゃないか?と期待しています。
















スポンサーサイト
2013-03-31 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

2013年消毒NOTE

今年も定期消毒の経過をUPしていきます。


出来る限り、消毒の都度、書き足していきますが、


自分の確認用としての意味合いが強いので、更新しても明記しません。


なお、消毒について質問等がある場合は、コメント欄orメールフォームよりご質問ください。わかる範囲で回答させていただきます。




12月~2月  石灰硫黄合剤(殺菌、殺虫) 20倍


3月 ビスダイセン水和剤(殺菌予防) 1000倍


4月 基本的になし


このエントリを見ている超~少数の方に補足しておきますが・・・・


4月はまだ消毒しません。理由は、2つです。


1つは、新芽、特に雑木の新芽は弱いので薬害を避けること、もう1つは、冬季の石灰硫黄消毒の効果が続いているので、焦って消毒する必要にないこと。この時期にアブラムシなどが付着するようでは、絶対とは言えませせんが・・・、冬季消毒が物足りない・・・ということも言えると思います。




5/20  ・ライメイ(殺菌剤 2000倍) キンズ

    ・ストロビー(殺菌剤 800倍) その他



6/2  ・ダコニール(殺菌剤 1000倍)


6/22 ・ランマン(殺菌剤) キンズ
    ・ベンレート(殺菌剤) その他


7/16 ・ライメイ(殺菌剤) キンズ、クチナシ、松柏、長寿梅  少し消毒の間隔が開きました。

 

7/27 ・ビスダイセン(殺菌剤) 全樹種


8/18 ・オーンサイド(殺菌剤) キンズ、クチナシ、松柏、長寿梅、ズミ他


9/17 ・ラリー(殺菌剤 2000倍)


10/5 ・植物免疫力向上液A(防虫 200倍)

     ある園芸屋さんで購入した怪しい液体です。・・・と言いつつ、継続的に買ってるんですが・・・

     相方さんが、丁度、散布しようとしていたので、今回は僕も盆栽にコレを散布しました。


10/14 ・ランマン(殺菌剤 2000倍)キンズ
   ・トップ人M(殺菌剤 1000倍)その他




2013-03-30 : 消毒NOTE : コメント : 0 :
Pagetop

経過(2013/03/30)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-30 : キンズ13年実生 :
Pagetop

早速・・・

こんばんは。



12実生なえ


松の実生苗については、基本的には1本づつポットに軸切挿し芽していくのですが・・・・


余った苗について、画像のような容器にスジ蒔き・・・ならぬスジ挿ししておいたことは、去年のエントリでも書いたと思います。


成長が遅いせいか?葉色が悪いですね~。


ま、これでも暖かくなってきて、大分、緑色化してきたんですけどね・・・・



明日は、12年度の実生苗を植え替えする予定です。


ただ、このあたりのスジ挿しした素材までは、時間的に、とてもじゃないですが手が回りません・・・・



ま、1日で12年度の黒松実生苗の全てを植え替える必要はありません。


4月中旬くらいまで、ゆっくり作業していきたいと思います。





さてさて、

浄水①


昨日のエントリで書いた浄水器ですが・・・


今日、やってきましたので、早速、取り付けてみました。


これで手動潅水時の水は、ろ過された水を使用できることになります。


あとは・・・

この浄水器を簡単に取り外せるようにしておいて、メダカの水交換時には、別の蛇口にサクっと接続できるようにしておきました。





2013-03-29 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

浄水器

こんばんは~。


黒松の種が続々と発芽しています。


去年は大失敗したこともあって、今年は、ちょっとドキドキでしたが・・・、現状の発芽状況を見ると一安心です。


その黒松ですが・・・


肥培している素材については、今日、追加の肥料を置きました。


ここ2~3年くらい・・・、「ちょっと肥培が甘いかなぁ~」という感覚を持ってます。


そんなわけで、今年は素材については初心に戻ってガンガン肥培していきたいと思います。


ただ・・・


そうすると肥料の消費も激しいわけでして・・・・


肥料作りもせっせと頑張っていきたいです。




さてさて、

本題までが長くなりましたが・・・


浄水器を導入しようと思います。


今、住んでる地域の水道はカルキ成分が濃いんです(←「濃い」という表現で合ってるのかな?」


毎日、潅水していると、鉢の縁などが直ぐに白っぽくなっちゃいます。


そんなわけで、盆栽の潅水にも浄水器を導入しようかな~と。



コストは、初年度が6000円。翌年以降は、フィルター代で2000~3000円。


1ヶ月当りにすると、それほど大きな負担にならないのではないか?と思います。


あと・・・

浄水器を導入すれば、メダカの水もそれを利用できるのは利点です。



一方で、

難点を挙げるとすれば、自動潅水装置の存在です。


自動潅水装置の蛇口と浄水器を取り付ける予定の蛇口は別なので、自動潅水装置経由の水は従来どおりのカルキ分たっぷりの水のまま・・・・ということです。


ただ、

朝夕の潅水だけでも浄水器経由の水で潅水すれば、かなりマシなんじゃないかなぁ~と考えているんですけど・・・


どうなんでしょう?



あとは、先ほどの肥培中の黒松の素材は、この浄水器経由の水では届かない場所にあり、別の蛇口からの水となるのもビミョウな感じです。




そうそう、また話は脱線しますが・・・


先日、園で話をしていたとき、「使用していない鉢は何処に置いているのか?」と聞かれました。


僕の場合、使用頻度の高い or 使用する可能性の高い鉢は棚に並べています。


幸い、棚スペースに対する盆栽の数はまだまだ少ないので、鉢を置いておけるスペースが結構あります。



あと、買ったけど・・・、これは使用しないなぁ~って感じの鉢は盆栽資材を保管しているところに、まとめて置いています。ま、こういう鉢は、段階的に交換会に出品したりしていってるわけですが・・・



で、

棚上に使用していない鉢を置いて潅水を続けると、当然、カルキで白っぽくなってきます。


本来は、時代付けをするために棚上に置いているにも関わらず、その効果以前の問題が起きている・・・


これは浄水器の導入以前に、やはり使用していない鉢の保管場所をちょっと考える必要がありそうです。


少数なら問題ないですが・・・、ま、それなりの枚数があるので、「何処で時代を付けつつ保管するか?」はムツカシイです。


ま、もっと小まめに鉢を磨けばそれで解決するのかもしれませんが・・・・・




とりあえず、浄水器を導入してみようと思います。










2013-03-28 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

3/28

こんばんは。


まだ体感的に寒い日が続きます。


でも、明日くらいから少し暖かくなるとか・・・


ケヤキもよ~やく芽が動いてきました。そろそろ植替えです。



さて、

今朝、めざましTVで桜の盆栽の特集をしていました。


桜の盆栽が人気があるんだとか・・・・


ま、日本人は特に桜という樹は好きですからね~。



何はともあれ、盆栽がテレビで取り上げられることで少しでも愛好家層が広がっていけば良いなぁ~と思います。


2013-03-27 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

今回、入手した苗

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-26 : 瑞宝 :
Pagetop

熟成させるべし!

こんばんは。


昨日のエントリで書いたように・・・、小川ブラックについては、結局、買わなかったのですが、一方で、別のメダカは買いました。


というのも、我が家には、琥珀系のちょっと変わった体色を有しているメダカが1匹だけいるのですが、それと似た感じのメダカが花小屋さんの売店で売っていました。


そのメダカを相方さんが欲したので、非常に安かったこともあり購入したのです。



しかし・・・・



我が家にいた・・・、そのちょっと変わった体色のメダカは、今朝、お亡くなりになってました。



補強した意味、全~然、ね~じゃん!



・・・・と思いつつ、補強したメダカは5匹セットでの販売だったので、これはこれで独立して飼っていこうと思います。


もちろん、相方さんが世話するのですけどね~。




さてさて、


ひ


↑上記画像は自家製肥料です。


左右でサイズがやや異なることと、左側がサバ&イワシ粉、右側がカニ殻を用いて作っている点が異なりますが、基本的な作り方やその他の成分は同じです。


ただ、左右を見比べると、色がかなり違います。


これは画像でも十分、おわかりいただけると思います。



で、

この左右の色の違いの主因は何か?というと・・・


肥料を作ってからの時間的長さの違いです。


左側は作ってから3年以上経過しています。一方、右側は、今年の1月に作ったばかりの肥料です。


両者では、その熟成期間が異なるのです。



加えて、画像では全くわからないと思いますが、ニオイが違います。


右側は作った時点から少しの間は、それなりのニオイを発していますが、あれから2ヶ月以上、天日に当てて乾燥させていると、もうほとんどニオイはしません。


一方で、

左側の肥料も3年前の作った当時は、右側の肥料と同じような色で乾燥しきったあとはニオイはしませんでした。そして、そこから3年が経過して、今は、なんとも効きそうなニオイを発しています。



今日、ふと、こういうエントリを書いたのは、土曜のオフ会でプロの方と黒松と肥料に関する話をしていたときに、「作って直ぐの肥料は効きがイマイチ・・・」という話をされていたからです。



その昔、清水のWさんにも「作った肥料は3年寝かせると良い・・・」というアドバイスを受けたのですが、その時は、そのアドバイスをスルーしてしまいました・・・・


そういえば、あの時、Wさんが作った肥料を貰ったんですよね~。


その肥料を見て、「Wさんの肥料は、なんでこんなにしっとりしているんだろう?」と疑問に思ったのですが、当時は、アドバイスされているにも関わらず「肥料を熟成させる」ということに考えが至りませんでした。3年も待つのって長いですからね~。


あれから何年かが経過しました。その間、毎年、毎年、自家製肥料を作り続け、その年に消費しきれない肥料が在庫として積み上がっていき、結果、長期間の熟成を可能としました。


去年、一昨年は、箱植え用の肥料を作るのが大半で、小品サイズ用の肥料はほとんど作っていません。唯一、作ったのが花&実用の肥料です。


ただ、


このように、長期熟成させることで見た目にも違いが出てくることを鑑みると、やはり頑張って在庫を作って長期熟成させよう!と思います。


これも損得の関係ない愛好家だからこそできる作業と言えるでしょう。



とりあえず、今年は、久々に小品用のサイズも作って、2016年以降に備えたいと思います。



ただ・・・・


理想は箱植え用のサイズも長期熟成させたいのですが、こちらは現状、まだまだ在庫を積み上げるには至っていません。


それどころか、少し前のエントリで「大分、頑張って作ったので少しは余裕がある・・・・」みたいなことを書いたと思うのですが、今の消費量を考えると、それもどうやら怪しそうです。


そんなわけで、植替えを終えつつあるGWは、午前中は肥料作り、午後からは雑木の手入れ・・・という感じで、何処にも行く予定もなく充実した盆栽ライフとなりそうです。


ま、相方さんはブチ切れるでしょうが・・・・(笑)



2013-03-25 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

経過(2013/03/20)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-25 : 13年実生 :
Pagetop

一番の話題・・・・

春雅展会場での一番の話題は・・・・



やはり昨日(土曜日)の場内アナウンスのお姉さん(?)の絶妙な・・・・・




「ツルウメモドキ」ならぬ「ツルカメモドキ」



その他、迷言の数々・・・・



来年も、ぜひ!あの方にアナウンスしてもらって、会場内の多くの愛好家のツッコミを誘発してもらいたいところです。



そういえば、今日、役員の人がお姉さんにツッコミを入れてるところに遭遇しました。
(今日もお姉さんの側の受付で当番してましたので・・・・)



お姉さんは「私、ちゃんと言い直しましたよ」って弁解してましたが・・・・





それはそうと・・・・


意外とみんな、あのアナウンスを聞いてるんですね~。
2013-03-24 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop

小川ブラックがやってきました

こんばんは。


第21回春雅展、そして第3回日本メダカ協会関西支部展示会が無事終了しました。


盆栽もメダカも多くの方に来ていただきありがとうございました。



さてさて、

今回の展示会が始まる前に、「これは欲しいなぁ~」というメダカがありました。


僕自身、メダカは関西支部の方々に分けてもらうばかりで、メダカを買うということがそもそも無いのですが、「たまには買ってみようかな・・・」と思ってました。



この点、


大吾朗氏に「メダカを買うかも?」と言うと「まだ買うのか?」という反応があったりしたのですが、大吾朗氏に欲しいメダカを告げると、大吾朗氏も「それは欲しいかも・・・・」という反応でした。



で、


そのメダカとは、小川ブラックです。


確か・・・・


みさきさんが、昨年の常滑焼き祭りで買ってました。


今回、僕はメダカの売店(クリークさん)で、小川ブラックを買う気満々だったわけです。



ただ、その前に、僕の・・・、いや僕達夫婦の目に入ってきたのは、大阪ABCさんが展示していた小川ブラックでした。


強烈なインパクトでした。


めちゃめちゃ黒いです。


白い水盤に入れられているにも関わらず、全~然、退色していません。


大阪ABCさんの小川ブラックは3ペアいたのですが・・・・


既に・・・・


既に・・・・


某親父が予約していました・・・・


う~ん・・・、残念・・・・


さすが!某親父・・・・、抜け目ないです。



で、











続きを読む

2013-03-24 : 超~テキトーなメダカ飼育日記 : コメント : 2 :
Pagetop

プロ&愛好家交流会

こんばんは。


リッチマン (320x240)


ここ2~3年、愛好家が集まってオフ会を開催していますが・・・


今夜は、この集まりにプロの方にも参加してもらってオフ会を開催しました。



何人かの愛好家サイドの感想を聞いたところ、「刺激的で良かった」など概ね好意的な意見を得られました。


ま、プロが参加するといっても、ガチガチの盆栽談義ばかりでなく話のネタも多岐にわたり、愛好家側もプロ側も楽しい一時を過ごせたのではないでしょうか?



僕自身も、いろいろと有用なアドバイスを受けることができて有意義な時間を過ごすことができました。



また、機会を設けてプロと愛好家の交流の場を設けたいと思います。




ちなみに・・・

たこやき (320x240)

この居酒屋はタコヤキのメニューが充実しているのですが、その中の1つがロシアンたこ焼き


8個のたこ焼きの中に、1つだけ超~激辛のたこ焼きが入っています。


今回、この激辛のたこ焼きに見事!当たってしまったのは、ピロヤ君とゆきま君でした。



特に、ゆきま君は、ちょっと可哀想に思える当たり方でした・・・・


おめでとうございます。


そういうヒキの強さは重要だと思います。多分・・・(笑)





2013-03-24 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop

ホロヴィッツ

ホロヴィッツとの対話 (360x258)


今夜は舞台「ホロヴィッツとの対話」を観てきました。


僕的には今回の舞台はイマイチでしたかね~。





2013-03-21 : Live : コメント : 0 :
Pagetop

日本メダカ協会関西支部 第3回展示会のご案内

21回春雅 (341x480)



<日本メダカ協会関西支部 第3回展示会>

3月22日~24日の3日間の開催です


時間は初日と2日目はAM9時~PM5時迄。最終日はAM9時~PM3時30分までと成っております。


なお、同時開催といたしまして、(公社)全日本小品盆栽協会の第21回春雅展が開催されます。








え~っと・・・・


とりあえず、春雅展については今回は僕は出品しません。


メダカの方は微力ながら出展いたします。


23日(土)と24(日)の2日間は終日、会場の方にいる予定です。



盆栽の即売はもちろんですが、メダカの即売もあります。


多くの方のお越しをお待ちしております。



2013-03-21 : 日々雑感 : コメント : 6 :
Pagetop

とりあえず30本ほど・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-21 : 12年実生 :
Pagetop

3/19

こんばんは。


IMG_1507 (480x360)


↑昨年、実生したハリツルマサキです。


この苗・・・、どうしましょう?


このまま寄せ植えで草植えっぽくできたりするのかな?


とりあえずは、このまま放置ですかね~。


2013-03-19 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

08年挿し芽素材の経過(13/03/16)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-18 : 小田原性全般 :
Pagetop

植替え前後③

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-17 : 日々雑感 :
Pagetop

3/16

おはようございます。


良い天気です。植替え日和ですな。



さて、

昨日、自家製肥料用のきな粉が届きましたが・・・


請求書の備考欄に「4/1からキロ当たり275円を290円に値上げします」てなことが書いてありました。


円安の影響ですかね~?


ま、20キロだと全体で300円の値上げですので、価格上昇感もそれほどでないですが・・・



盆栽の資材の中で為替の影響を感じるのはプロミック(箱入り)ですかね~。


ここ2~3年、円高が進むにつれて「安くなっていくなぁ~」と(ま、わずかですけど・・・)。


ただ、そのプロミックも、次に買うときは・・・・・


ま、自分用にプロミックを購入するのは、まだ手元に1箱丸々ありますので、まだまだ先の話です。



2013-03-16 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

見つけた

近所のお気に入りのパン屋が閉店して1ヶ月ちょい・・・・



kiki.jpg


もう3週ほど前ですが、以前からチェックはしていたパン屋へ行きました。



旨いです。


閉店したパン屋より今回の店の方が僕の好みかも・・・・



ただ、問題は家から遠いこと・・・


車で30分くらいかかります。


ただ、会社からは自転車で10分弱くらい。昼休みなどに頑張って買いに行きたいです。




2013-03-15 : こんなの食べました : コメント : 0 :
Pagetop

今年は早めに・・・

こんばんは。


今日は寒かったです。加えて、風も強かったです。



風が強い日は、用土もよく乾くのが普通ですが、我が家では、盆栽はまだまだ保護下にあるので全~然、乾きません。


そんな日は、植替えを実施した樹については、帰宅してから用土内の水を1鉢づつ切るようにしています。


あっ、これも前に書きましたね・・・・





さて、


材料 (320x240)


13-14シーズンの肥料作り用の材料を発注しました。


上記はサバ・イワシ粉とカニ殻です(各20キロ)。


なんか・・・袋に「緑茶」って書いてありますね・・・・


これは、多分、この材料を仕入れている肥料資材会社のお得意さんにお茶農家が多いことに起因していると思います。


その昔、初めてこの会社と取引させていただくときに、送付先が京都である旨を告げると「宇治のお茶農家にお客さんが多い・・・」と社長さんが言っておられました。



さてさて、


その肥料の資材ですが・・・、ここ何年かはGW直前、つまり4月下旬に注文することが多かったです。


ただ、


その時期に注文すると、一昨年は入荷までに少し時間を要しましたし、また去年はサバ・イワシ粉が在庫切れでした(それで去年はカニ殻に変更したのです)。



そんなわけで、今年は早めに発注しました。


明日は、きな粉が届く予定です。



あっ、そうそう、

13-14シーズンは、結局、カニ殻とサバ・イワシ粉の両方を混ぜることにしました。


新たなバージョンの肥料の誕生です。


ちなみに、ここ2~3年くらいは、大きいサイズの肥料中心で、唯一、去年は、実モノ用に特化した小品盆栽サイズの肥料を作りました。



でも、今回は、ちょっと小品盆栽用のサイズの肥料も作ってみようと思います。


で、3年くらい寝かせれば、良い感じに熟成されてくるんじゃないか?と。


というのも、先日、10-11シーズンに作った肥料を九州地方の愛好家さんにプレゼントするために様子を見たのですが、かなり熟成が進んでいて、見た目に非常に効きそうに思えました。


このあたりは趣味者の利点を活かしたいです。


肥料会社なら、熟成のために寝かせる・・・・なんて悠長なことはしていられませんが、趣味者の場合は、利益を追求するのではなく、自分のやりたいことのために時間や費用を掛けることができます。


僕の肥料も、材料代だけならそんなに大した金額ではないですが・・・・、


もし自分の手間賃を加味するとしたら、普通に市販の肥料を買っている方が断然に割安ですからね~。



え~っと・・・

大分、話が反れてきました・・・


とりあえず、13-14シーズンの肥料つくりもせっせと頑張っていきたいと思います。
2013-03-14 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

実生モミジ

こんにちは。


IMG_1468 (480x360)


以前のエントリでも書いたとは思いますが・・・

上記は昨年の5月末頃、ある盆栽園の入口前で採取した山モミジです。
(脇に大きな山モミジの植えてあり、その種が落ちて発芽したもの)


「何本採取したのか?」は忘れましたが、当時(・・・といっても去年ですが)、丁度、モミジを欲しがっていた所属会の若手にプレゼントすることを考えて、そもそも採取した苗なので、我が家に残ったのは、この1本のみです。


たった1本ですが、せっかく残ったので、とりあえず、育ててみようと思います。


ただ、このモミジの性が良いのか悪いのか?は知りません。


もし、性が良ければそのまま育てれば良いし、逆に悪ければサクっと処分すればOKです。


目標としては、なるべく小さいサイズで作ってみたいと思います。


ま、そのためには性が良い必要があるわけですが・・・・


もっとも、途中で誰かが欲しがったら、これまたサクっと処分するかもしれません。


いつまで我が家に残ってくれますかね~?
2013-03-12 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

時代付け

こんばんは。


今日は帰宅して絵鉢に黒松の種を蒔きました。


黒松を生やして鉢の時代付けを行うためです。



時代付け (320x240)


使用した種は、もうかれこれ6~7年前に採取した種です。


「良い性かも?」と思い大量に採取しストックした種ですが、今となっては、もう盆栽作り用に蒔くことはありません。


そんなわけで、余った種を適当にパラパラと蒔いておきました。用土も使い古しの用土を再利用しています(・・・といっても、形が崩れていない用土)。


2013-03-11 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

植替え前後②

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-10 : 日々雑感 :
Pagetop

09年実生の経過と雑感(13/03/9)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-09 : 09年実生 :
Pagetop

「軸切り挿し芽」の手順

こんばんは。


先日、種蒔き~軸切りまでの手順についてメールフォームより質問がありました。


一応、メールで回答させていただきましたが、移行前のブログで「軸切り挿し芽」の方法について書いているエントリがあります。


一応、画像もあり、メールでの回答よりはわかりやすいと思いますので、以下のリンクより参照してみてください(他の方にも参考になるかもしれないのでエントリとして再度UPしておきます)。



管理と手入れ~7.「軸切り挿し芽」~



不明瞭な点がありましたら、またメールorコメントで質問してください。
2013-03-08 : 管理と手入れの基本 : コメント : 0 :
Pagetop

種蒔き

こんにちは。


13年キンズ (480x360)



キンズの種を蒔きました・・・・、いや、蒔いてもらいました。


自分で蒔く予定だったのですが、今朝、相方さんにお願いして蒔いてもらいました。



エントリでも書いたように、一昨日から実生の準備を始めました。


で、明日の午後にでも自分で蒔く予定だったのですが・・・、昨夜あたりから、今にも発芽しそうな雰囲気を漂わせていたので、急遽、相方さんにお願いして蒔いてもらった次第です。


ちょっと試してみたいことがあるので、今年は多めに蒔きました。200粒くらいですかね~。





あと、

昨日までにキンズの種の配布を申し込んでくれた方には、今朝、郵送しました。


近いうちに届くと思います。


もうかなり実が熟していますので、中から種を取り出したら、1晩ほど水に漬けて早速蒔いてください。





2013-03-08 : キンズ13年実生 : コメント : 0 :
Pagetop

09年挿し芽素材Aの経過(13/03/06)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-07 : 小田原性09年挿し芽素材 :
Pagetop

キンズの種

こんばんは。


IMG_1478 (480x360)


↑キンズも実生の準備をしようと思います。


IMG_1480 (480x360)


↑種を取り出しました。100粒はありますかね~。





<キンズの種の配布について>


キンズの種がいっぱい余ってます。


「キンズの実生をしてみたい!」という方は、住所&氏名を明記の上、メールフォームよりお申し込みください。


送料は当方で負担します。


住所or氏名の記載漏れがある場合は発送できません。記載漏れがあったらそのままスルーします。




まぁ、当ブログの1日のユニークアクセス数を考えれば、間違っても応募が殺到~!てなことにはならないと思いますので、希望者全員に配布することは可能だと思います。


もっとも、


種を希望される方は、自分でキンズを所有していない方が大半だと思います。


そういう方に多くの種を配布しても弊害がありそうなので「1人につき実8~10個くらいの配布が良いのではないか?」と思ってます。


それでも種は、20~30個は確保できますし、キンズは発芽率が非常に高いので問題ないはずです。


「少ないなぁ~」と思われるかもしれませんが、キンズは、しっかり管理すれば実生2年目には結実しますので、あとは自己増殖させていってください。



応募締め切りは金曜日中とします(それ以降は受け付けませんので宜しくお願いします)。



2013-03-06 : その他 : コメント : 6 :
Pagetop

経過(13/03/06)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2013-03-06 : 小田原性12年挿し芽素材 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター