FC2ブログ
趣味は食べること、小品盆栽、筋トレなど何でもありな感じのブログ

後ろの枝は不要かな・・・

こんばんは

191116-4.jpg

↑株立ちっぽく作ろうと考えているカエデ

191116-5.jpg

↑真ん中の枝の後ろにある枝は、ちょっと邪魔な感じですね。

今は無理ですが、来春には抜きたいですね~。

スポンサーサイト



2019-11-18 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

初ローヤ柿・・・・

こんばんは

今日、園に行ったら「コレ、作ってみないか?」と

191117-6.jpg

↑ローヤ柿です。

なんでも四季咲きのローヤ柿だそうで・・・・

現実的には、落葉する冬に花が咲くのか?というのがあるので、咲きやすい・・・・という感じのローヤ柿でしょうか?

ま、とにかくこの素材を土台にして素材を増やしてみようかな・・・・と。


ちなみに、僕はローヤ柿を育てるのは初です。

何処まで続けて管理できるのでしょう?

それが一番の不安です(笑)

2019-11-17 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

実を落とす・・・

こんばんは

今日は実モノの実を落とす作業などをしてました。

191116-2.jpg

↑作業前

191116-3.jpg

↑作業後

姫美好は毎年、よく実を付けるので、ついつい長い期間、結実させたままにしているのですが、基本的には、実は早く取った方が樹への負担は少ないと思うので、今年は、なるべく早く実を落とすことにしました。

191116-1.jpg

キンズも落としました。

珊瑚釉の鉢に黄色い実は映えるんですけどね~。

展示する時までお預けですね。




2019-11-16 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

挿し木素材もそろそろ・・・

こんばんは

明日、京都は雨のようですが、北日本は暴風雪に警戒とか・・・・

明日は冷え込みそうですね。

さて、

191113-1.jpg

カエデの挿し木素材ですが、未だ葉を刈っていません。

ご覧のように、まだ葉は青い感じですからね。若い樹は元気があります。

とは言いつつ、もう11月も中旬に差しかかかってきているので、これらの素材も、そろそろ週末あたりに葉を刈りたいと思います。




2019-11-13 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

ある程度まで・・・・

こんばんは

昨日、書いた通り、今日も雑木の手入れを行いました。


191110-1.jpg

↑作業前

191110-2.jpg

↑作業後

葉を刈りつつ、並行して徒長枝を剪定したり、1芽処理をしたりしますが、以前にも書いたように、2~3年前から、そういった処理をこの時期に全て終わらせる必要性は感じていなくて、ある程度まで・・・出来ればOKと考えています。

あとは、冬の間にじっくり樹を観察して、「ここは剪定した方が良いな・・・・」と思うような箇所をじっくり見つけて、来春の芽出しの時期に、また剪定作業をして植替え・・・・という流れでいきたいと思っています。

2019-11-10 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

今日、明日は・・・

こんばんは

大分、紅葉が進んできました。

191109-1.jpg

そんなわけで、今日と明日は、雑木の手入れに専念です。

2019-11-09 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

嘯月

久々に嘯月さんの和菓子を食べました。

191108-1.jpg

錦繍(きんとん、粒餡)

山みち(こなし)

春日野(上用、こしあん)

深山の秋(村雨、白小豆こしあん)

さざれ石(粒あん、栗羊羹、さくらみじん)

2019-11-08 : 菓子 : コメント : 0 :
Pagetop

松ぼっくり・・・

こんばんは

先日、来年の実生用の種を確保するために、松ぼっくりの採取に行ったのですが・・・・

毎年、お世話になっている樹からは、去年に続き、今年も採取できませんでした。

う~ん・・・・

そればかりか、周囲の松からも全然、採取できずで、ちょっと困ります。

一応、2~3キロほど離れた、黒松が多く植えられているところで5個ほど採取できたのですが、5個じゃぁ、ちょっと少なすぎますね。

とりあえず、来春も過年度に採取した種を使用することなりそうです。

採取から比較的、年数の経過していない種なら、多分、問題なく発芽すると思います。

ただ、松ぼっくりが採取できないという・・・この状態がずっと続くと、ちょっと危機を感じますね。


ちなみに・・・・

清水のWさんは以前、「20年前に採取した種でも発芽した・・・」と言っていました。

僕も過去に採取した種を採取地、採取年度に分けて、数多く保管しています。

これらの過年度の種が経過年数に関わらず(年数が経つほど、発芽率は落ちるでしょうが・・・・)、発芽するのであれば、来年以降、新たな松ぼっくりを採取できなくても、それほど心配する必要はないのですが・・・・

さて、どうなるのでしょうね~。



2019-11-06 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

寒くならないうちに・・・

こんにちは

良い天気です。

春から使用していた肥料キャップの掃除をしました。

191104-1.jpg

↑前

191104-2.jpg

↑後

例年、12月・・・それも年末に行っている作業ですが、さすがに、その頃は寒いです・・・・

今なら、まだそんなに水も冷たくないので、今年はさっさと掃除を済ませてしまうことにしました。




2019-11-04 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

曲付けの修正など・・・

こんばんは

今日は久々に朝から夕方まで、みっちりと作業しました。

まず、ニオイカエデなど紅葉が進んでいる雑木類の手入れを。

雑木類の手入れが一段落したあとは、実生2~4年生あたりのザル植えしてある黒松の曲付けの修正をずっとしてました。

ザル植えの利点は個人的に、ザルの穴に針金を通すことで、色々な箇所から引っ張ることができることですね。


この利点と、黒松の特性故に潅水回数が少なくても済むことを考えると、発泡植えをする必要もないのかな?と・・・・

今年、実験的に4~5本ほどですが、本来なら発泡植えに移行するレベルの素材を、そのままザル植えで管理しています。ずっとザル植えでいくの超~久々ですが、来年は、もっとこの本数を増やしていこうかな?

先日も少し触れましたが、今後、「小品盆栽」の定義が厳格化されていく中で、多肥多水で短期間で太幹の小品黒松を作る必要性は低下していくと思われるので、太さよりも、良い曲のある黒松をしっかり作っていく重要性が増していくと思うんですよね~。

今日も、同じ支部に所属する後輩と、「今後は15センチくらいの樹高を目指して作っていくのが良いのではないか?」という話をしましたし・・・・

ま、とりあえず、良い曲がある樹を少しでも作れるように頑張りたいところです。


2019-11-03 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop

源水

191102-1.jpg

一度、行ってみたかった「紫野 源水」さんへ

191102-2.jpg

↑栗きんとん

191102-3.jpg

↑銀杏黄葉

191102-4.jpg

↑織部

191102-5.jpg

↑秋の野

191102-6.jpg

↑薄紅葉

2019-11-02 : 菓子 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター