日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

4/22

こんにちは。


ちょっと寒い日が続きましたね~。そんなわけで、日曜に予定していた植え替えは中止しました。


代わりに、チリメンの葉スグリを少しだけですが作業しました。



以前、ゆきま君に「ピラカンや寒グミのように、チリメンの葉を刈るか?」という質問を受けたときに「僕は刈らない・・・」と回答しました。


この質問は・・・少し記憶が定かではないですが、冬あるいは春先の作業を指しての質問だったと思うので、「刈らない」と回答したのですが・・・


僕自身は、ここからGWくらいにかけて、チリメンの古葉を選っていきます。


今くらいのタイミングだと、新芽が動いていますので、冬や春先に葉を刈る作業とはちょっと目的が異なるのかな?と思います。


というのも、

ピラカンや寒グミの葉を芽出し前に刈る目的は樹勢を均一化させることで新芽の展開のバラつきを解消する・・・というように僕は理解しています(←間違っていたらゴメンナサイ)。


そうすると、チリメンの古葉を新芽の展開前に刈るというのは、上記のピラカンや寒グミの葉刈りと同じ目的なんだと思うのです。


一方で、

僕の場合は新芽が伸びてきてから古葉を選っていくので、上記のように均一性を要求するのではなく、その目的は内部環境の改善です。


とりあえず、新芽が伸びてきたら、古葉を選って内部への日当たりと風通しを良くすることが目的です。


で、


そうしておくと、チリメンの場合も直ぐに懐に芽を用意してくれるので、時期がきたらその懐芽の部分まで切り込む・・・という作業工程になります。


そういうわけで、僕の場合は、懐芽を確認しながらの作業になるので、いわゆるバリカン刈りはしません。


古葉を選るのはもちろん、懐芽まで追い込むときも1芽、1芽確認しながらの作業になりますので、小枝1本づつ葉を選っていったり剪定していったり・・・という作業です。


この方法の問題点は、めちゃめちゃ時間がかかる・・・ということです。


そんなわけで、最近はチリメンの本数を減らそうかと思案中です。


今、僕はチリメンを5本所有しています。


何度も書いていますが、最初、全く興味が無かったにもかかわらず、途中から興味を持ってしまい、今現在は5本あります。


上記のような作業をしていると、5本という本数はちょっと多いかなぁ~と。


とりあえず、ここ1~2年で樹の本数がちょっと増えてきたので、チリメンに関しては自分のサイズに合わない2本は交換会に出すなどして処分するのが良いんじゃないか・・・と思ってます。


2本のうち1本は、盆友が病気を患って盆栽を止めるときに貰った10数本の樹の中で唯一、手許に残していた盆栽なのですが・・・・


ま、そういうのを考えると、いつもでたっても処分できないので、ここはサクっと処分するのがやはり良いだろうと思うのです。


もっとも、処分するにしても、とりあえず葉選りして植え替えして・・・と一連の作業を行っておく必要はあるので、今年に関していえば、まだチリメンに大きく時間を割かなければなりません。






スポンサーサイト
2013-04-22 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター