日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

5/1

こんばんは。


今日は風が強くて寒かったです。


昼からは雑木の手入れをする予定でしたが・・・・


刈った葉が風に舞って四散しそうだったので、急遽、予定を変更してキンズとハリツルの植替えを行いました。
(風が強いので、植替え後は、もちろん風の当たらない環境で管理します)



さてさて、

13年実生黒松については今日までで3系統合計で55本挿しました。


今年は親樹が異なる4種類の種を蒔くことは以前のエントリでも書きましたが・・・・


残り1系統については、まだ挿すには早い状態です。


これについては、現状だと5月10日くらいになるでしょうか?予定では5本ほど挿そうと思っています。



それで合計60本・・・・


今年は、それくらいの数で良いんじゃないかなぁ~と。


1つの目標としては100オーバーですが、まぁ、無理する必要もないと思います。


あと、昨年より数だけでみれば少なくなると思います。


これは、昨年については、1つ1つのポットに単挿ししたモノ以外に、1つの容器に複数挿したモノがあるからです。


ただ、以前のエントリでも書いたように、やっぱ複数挿しは無しですね~。


だって、複数挿しした素材については、まだ葉色が悪いんです。


肥培するにしても、曲付けするにしても、そもそもその前提として樹(苗)が元気であることが必須です。


葉色が悪い・・・ということは、「元気」であるという状態からは少なからず距離があると言えます。



もちろん、今年の春は割と気温が低い日も多いので、そういうのも関係しているのかもしれませんが・・・・、そであるなら、より苗が元気でないといけないと思います。


そんなわけで、現状、複数挿ししていた素材は何もできない・・・ってことです。


ま、そうはいっても根は少しづつ張ってきているようなので、ボチボチ肥培しだしますが・・・・


とりあえず、根の状態などを見て選別した素材が15本ほど残っていますので、それについては引き続き管理していきます。




スポンサーサイト
2013-05-01 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
色付きの文字こんばんわ、やってますね
すべて、18~20cmサイズの苗ですか?

根が非常に大切なことは、充分に理解しています、やはり黒ポット(出来ればスリット黒硬質鉢)で土の温度を上げることが大切と実感してます表面に富士砂(黒色)を敷いてより熱吸収をよ
くするも実行してますが、どこまで。効き目があるのかわかりませんが

09年生の今年の新芽(冬芽)の伸びは、最高で90cmまで伸びました
後一歩です、4月から、かなりの肥培してます
2013-05-03 01:52 : 碧南のイソガイ URL : 編集
No title
イソガイさん、こんばんは

>すべて、18~20cmサイズの苗ですか?

基本的には18センチを目指します。

ただ、曲付けの具合によってより小さい13~15サイズに軌道修正していくこともあると思います。

あと、今年は1本くらいはミニを作ってみようと思ってます。

もっとも、成功する可能性を考えると1本だけではダメでしょうが・・・



>黒ポット(出来ればスリット黒硬質鉢)で土の温度を上げることが大切と実感してます表面に富士砂(黒色)を敷いてより熱吸収をよくするも実行してますが

富士砂は清水の愛好家さんとかが利用したりしてますね。

僕は、今年は黒ポットを全体的に1サイズ小さいものにしました。

より小さいサイズにすることでポット内の用土の温度が上昇しやすくなるでしょうから。



>最高で90cmまで伸びました
後一歩です、4月から、かなりの肥培してます

100まで、あと1歩ですね。

我が家では、今年は60~70くらいです。ちょっと伸びが足りません・・・・

ちなみに、肥培開始時期に関しては、イソガイさんのところなら3月頭からでOKなんじゃないでしょうか?


僕のところでも3月初旬から肥培を開始しています。


また、何かありましたら当ブログかコミュの方でコメントください。

2013-05-03 21:08 : mindfluid URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター