日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

10/23

こんにちは


先日あった所属会の展示会で、キンズの実生2年生苗を販売しました。


「売れるかなぁ~?」とちょっと不安な部分もありましたが、結構、売れました。


この苗は、当初から「10月の展示会or秋雅の売店で売ってもらおう!」と考えていたモノなのです。ですから、途中で花を摘まずに実を成らしてありました。


さてさて、


このキンズの苗を売るときに「販売価格をいくらにするか?」については、ちょっと考えました。


昨年の4月に種を蒔いてから1年6ヶ月・・・・


潅水、肥培、消毒・・・とそれなりに手を掛けてきました。


一方、この苗は僕的には、もはや不要な苗です。


処分目的なので売れなかったら困ります。一方で、18ヶ月間育ててきた対価も欲しい・・・・


そのへんの兼ね合いはムツカシイですね~。


これが交換会だと参加者が勝手に値を付けてくれるから楽なんですけどね。



また来年も・・・といきたいところですが、手間暇を考えるとナシですね。よほどスペースに余裕があれば考えなくもないですが、実生2年生とはいえ20本ほどを管理するとなると、それなりのスペースを取ります。


それなら、そのスペースを使って黒松の実生苗かクチナシの挿し芽苗の本数を増やした方が良さそうです。

















スポンサーサイト
2013-10-23 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます。

現在は大丈夫ですが、うちは早い段階でスペース的な限界を迎えそうです。

売れそうなものならいいのですが・・・、現状とてもそのようには(^_^;)

普段からサクッと処分することを心がける・・・というところでしょうか?
2013-10-24 09:32 : めがね URL : 編集
No title
めがねくん、こんばんは

>現在は大丈夫ですが、うちは早い段階でスペース的な限界を迎えそうです。

3年とか5年先を見越した素材作りが必要になってきますな。


>売れそうなものならいいのですが・・・、現状とてもそのようには(^_^;)

キンズのような実モノは実が成っているだけで売れることも多々ありますが、黒松は、まだまだ細い苗であるか、あるいはそこそこ形がなってきたものでないと売却はムツカシイでしょうね~。


>普段からサクッと処分することを心がける・・・というところでしょうか?

親樹の性質を100%受け継ぐ挿し木等ならともかく・・・

実生の場合は、いくら親樹が良い場合でもブレはあります。そんなわけで、将来性の低い素材はサクサクと処分していくのが、僕は良いように思います。

よくわからんモノも含まれる10本の素材を育てるよりも、確実に性の良い1本を育てた方がいろいろな面で良いでしょう。


ちなみに、今回、売却したキンズも処分対象ではありますが、今月まで残っていた素材でもあります。春の段階で処分した素材ももちろんあります。
2013-10-24 16:22 : mindfluid URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター