日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

キンズの葉選りと整枝

こんにちは


一昨日のエントリでも書いたようにキンズの作業が遅れています。そんなわけで、昨日あたりからキンズの作業を開始しています。


きんず131212-3

↑キンズ(18センチ 壱興長方)作業前


キンズ131212-4

↑作業後


作業としては葉選りを行いました。


キンズの作業については色々あるかと思います。小宮さん(湘風園)なんかは、国風の売店でキンズを見たときは、葉を全部、刈ってましたね。これはピラカンや寒グミと同じ要領でしょうか?


僕の場合は、浜北の爺さんの方法に従っています。


考え方としては、先日、カテゴリ<管理と手入れの応用>で、晩秋の落葉雑木の手入れ方法についてまとめましたが、あの考えの応用という感じでしょうか?


つまり、落葉樹の場合は、懐に近い芽の葉を少し時期を送らせて刈ることで来春に向けてより懐芽に樹勢を集中するというものでした。


キンズの場合は、基本的に常緑ですので、先端の葉を残し、懐の葉を選ることで懐に新しい芽を準備させる・・・という解釈で良いのではないか?と思います。

(↑間違ってたらごめんさい)

このへんは黒松や真柏の葉透かしも同様ですね。


さて、この樹は高さは問題ないですが、全体的にまだまだ弱い印象です。この秋に所属会の展示会で使用しましたが、他の樹との兼ね合いではボリューム的にちょっとキビシイかなぁ~と感じます。


そのへんは河内の親父さんにもしっかり指摘されましたし・・・・


ま、そういうのは自分でも理解して展示していたので構わないんですけどね。


本来なら素焼きに入れてガンガン肥培していきたいところですが、壱興さんの鉢の時代付けを兼ねる意味もあって今年はこの長方鉢に植えました。


来春は、素焼きに戻したいと考えています。


樹高はこのまま維持して全体的なサイズをUPするという感じです。


今ある枝の方向性がイマイチなので、そのへんを入れ替えつつ、まずは葉張りを出したいところです。そのあと、小枝を解していくという感じになるのかなぁ~と。


で、

このキンズとの対比でいくと、


キンズ131212

↑キンズ(樹高18センチ)


先ほどのキンズと樹高は同じくらいですが、こちらは幹も太く葉張りもあります。


あっ、ちなみに・・・

この画像を撮影した時点では、実もしっかり付いているのですが、先ほどのキンズと異なり、コチラのキンズは実がまだ青々としています。


さてさて、

キンズ131212-2

↑作業後


同じく葉選り作業を行いました。それと並行して、不要な枝を切除し、残す枝については整枝しました。


キンズについては、芽吹きが旺盛なので方向の悪い枝はどんどん切除していかないと直ぐにゴツゴツした感じになってしまいます。


この樹については、今後は、更なる枝の解れを目指すことになります。先ほどのキンズと比較すると枝数は多いですが、それでも今年の国風に使用したキンズと比べると枝数は半分くらいなんじゃないか?という感じです。


もっとビッシリと枝を混ませていきたいです。



キンズは、他にもまだ何本かありますので、今週と来週はキンズを集中的に作業しようと思います。


スポンサーサイト
2013-12-12 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター