日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

真柏の葉透かし

こんばんは


今日は午前中は棚場の整理を行い、午後から真柏の葉透かしを行いました。



IMG_1964 (480x360)

↑作業前


IMG_1965 (480x360)

↑作業後



真柏の葉透かしの目的も他樹種の葉透かしと変わるところはありません。つまり、懐への風通しや日当たりを良くすることで懐芽の充実を図るということです。




基本的な作業として、


・輪郭からはみ出る強い芽については輪郭まで切り詰める


・懐から先端手前までの弱い葉を摘んでいく(新芽は残す)


・上下に伸びる葉や枝は切除する(つまり横方向の葉や枝を残す)




文章で書くとわかりづらいですが、後は実際に練習して慣れていくのが一番です。真柏の場合、少々、葉を透かしすぎても春以降の管理がしっかりしていれば葉は旺盛に茂ってきてくれます。


それよりも、詰める部分を詰められないとサイズがどんどん大きくなっていきますから、しっかり詰める練習をするには真柏は良い樹だと思います。


葉透かしが完了すれば、次は針金で整枝することとなりますが、葉を透かすときには、各枝の整枝状況をイメージしながら、どの葉が上下の不要な葉になって、どの葉が左右の横に展開する必要な葉になるのか?を考えながら葉を透かしていくと失敗は少なくなりますし、樹形構想をイメージしながらの葉透かし作業をすることで、葉透かし前に不要な枝を間引くことが可能になっていきます。







スポンサーサイト
2014-01-04 : 管理と手入れの基本 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター