日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

下見会

こんばんは

今日は小品オークションの下見会に行ってきました。

とりあえず備忘録的に・・・・

まず、最初の印象は、鉢の出品が少ないということ。もちろん、それなりの枚数は出ていますが、使えないサイズの鉢ばかりという印象。泥モノとかは壊滅的な印象です。

あと、2年前は、雄山、月香あたりの鉢もそこそこの数はあったが、今年は、そのレベルすら少なかったです。

ちなみに、雄山氏の河童百図が2枚セットで出品されてました。雄山氏曰く、河童百図は全部で18枚の制作らしいので、そのうち2枚ということは、もしこれを落札したらコンプリートまであと16枚・・・・

いやいや、無理だって・・・(笑)


樹については、まぁ、そこそこ・・・

但し、黒松は全~然、無い。松柏系に強い業者がそこそこの黒松を出していたが、それでも雅風展の2次審査のレベルを考えると、かなりキビシイのかな・・・と。

個人的には、今回のオークションで欲しいと思った樹は1.5本のみ。

0.5本は、安ければ欲しいけど・・・、ちょっと頑張ってまで欲しいレベルではない・・・という感じ。

1本は良い樹がありました。あれは競争必至ですね。もちろん、その1本に指値を入れました。

ま、多分、ダメでしょう~(笑)


このオークションは、関西開催のときはもちろん、関東開催のときも下見会に行ったことがあります。

なんやかんやで下見会に行けば、2~5点は入札のために指値します。

過去、1点も落札できなかった・・・というのは今のところないですが、基本的には落札できない割合の方が高いです。

すんなりと落札できるのは、2年前の赤膚焼の丸鉢のように、あまり人が興味を示さないけど、僕的には魅力を感じるような・・・・

そういったやや不人気なものはやはり落札しやすいです。

今回は、1点のみの入札なのでキビシイですね。


ちなみに、鉢は欲しいモノはありませんでした。

最近は、海外の愛好家もかなり良い鉢を買いにくるので、わざわざ取引価格の低いオークションに出品するくらいなら、海外の愛好家に販売した方が利益が出るということでしょう~。

ま、そういうのは経済的には非常に合理的な行動なので、海外流出がイヤならば日本人もそれに見合う金額を出せばよいだけです。

個人的には、もう少し危機感を持って鉢を集めたいと思います。まだまだ足りませんから・・・


あと、河内の親父さんはある樹種のケース(1ケース10本)に指値を入れてました。

ああいうのが出来るようなレベルになると、またオークションも違った面白さが出てくるのでしょう。


ま、そんなところです・・・・


おわり

スポンサーサイト
2014-11-09 : 日々雑感 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
今晩は。

昨日はお疲れ様でした。

結果はどうだったんでしょうかね??
オークションは水物ですので、どちらでもと言うところでしょうか(笑)

私の場合はですが・・・。
2014-11-10 21:32 : 河内の親父 URL : 編集
No title
河内の親父さん、こんばんは&昨日はおつかれさまでした。

>結果はどうだったんでしょうかね??
>オークションは水物ですので、どちらでもと言うところでしょうか(笑)


どうだったんでしょうね?

結果はそのうちわかるでしょう(笑)


2014-11-10 22:15 : mindfluid URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター