日々のど~でもいいことを中心に盆栽や筋トレのことについて不定期更新で書くブログです。

1/10

こんばんは

今年の雅風展が終わりました。

昨日、今日と終日、会場の方にいまして・・・プロの方々や多くの愛好家さんと色々と盆栽トークを楽しむことができました。

ありがとうございます。

展示については、自分の管理能力不足を痛感いたしました。やはり日常管理は重要ですね。今回、いくつかアドバイスを頂いたので、この春からの管理に役立てたいです。


ちなみに、

今日は、壱興さんにお願いしていた出雲大社用の鉢が出来上がってきて受け取りました。

良い感じです。

これで植付角度を変更できますので、春の植替えが楽しみです。


あとは・・・・

最後の最後に長寿梅の素材を買いました。

少し気になっていた素材が2本ほどあったのです・・・・

で、

その長寿梅を、河内の親父さんが折よく見ていたので、気になる点を聞きました。

まぁ、親父さんも「長寿梅は何本あってもOK・・・・」と言われてましたが、僕もその見解には同意です。

僕の棚場でも長寿梅は数がある樹種です。

ちなみに、気になっていた2本についての親父さんの見立ては、僕とは違いました。

将来性・・・という点では親父さんのチョイスした方が確かに良さそうです。そんなわけで、親父さんのチョイスした方を買うことにしました。

今回の素材も少し時間をかけてじっくり作っていきたいと思います。


ちなみに、今回、展示で使用した長寿梅は10年以上前に入手した樹で、10年前と比べると、かなり枝も解れたと思います。

画像は・・・・

10年前の画像は残っていますが、肝心の現在の画像がありませんので、覚えていれば明日にでも撮影してUPしたいと思います。


話を戻して・・・・

そんなわけで、数年、管理している次の展示候補の長寿梅もあったりするのですが、今回の長寿梅は、その更に先を見据えての補強となります。

長寿梅は好きな樹種ですし、展示会では絶対に必要な樹種ですので本数が増えることは問題ありませんからね。


さて、明日からしばらくの間は、この時期にやるべき作業で未だ手つかずの作業をしなければなりません!


(追記)

長寿梅③05年 (480x360)

↑05年時の姿

単幹の長寿梅で骨格は出来ていますが、枝が未だ全然、解れていません

長寿梅160111

↑現在(16年時)の姿

枝も大分、解れてきました。

今後の管理としては、やや重たい部分もあるので、そういう部分は間引きつつ、新たに枝の充実を図り、そして更なる持ち込みによって古さを出していくことになります。










スポンサーサイト
2016-01-10 : 日々雑感 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

mindfluid

Author:mindfluid
昼寝が大好きな小品盆栽愛好家です。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

カウンター